/

この記事は会員限定です

東芝、分割後も共同研究 AIや生産ライン効率化など 

[有料会員限定]

東芝はグループ全体を3社に分割後、人工知能(AI)や生産ラインの効率化など重複する重要分野では共同で研究開発を続けることを検討する。3月中に分割計画について株主の意向を確認する臨時株主総会を開く予定だが、一部の大株主からは反対の声が上がる。競争力を生み出す研究開発体制の行方は焦点だった。企業価値向上を不安視する株主の理解を得られる分割後の枠組みを設計する。

東芝は2021年11月に発電システムや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2000文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン