/

JAL、CA新卒採用3年ぶり再開 23年度入社

日本航空(JAL)は18日、2023年度入社の客室乗務員(CA)の新卒採用を3年ぶりに再開すると発表した。20~21年度に大学などを卒業した人も募集対象とする。地上職や技術職、自社養成パイロットなどの採用も実施する。新型コロナウイルス禍からの業績の立て直しや構造改革を見据え、採用再開に踏み切る。

募集人数などの詳細は3月1日に公表する。22年度入社の経験者採用も実施する方針で、職種などは今後詰める。JALはコロナ禍による旅客需要の急減を受け、21~22年度入社の新卒採用を自社養成パイロットなど一部に限っていた。

航空業界では採用再開の動きが相次いでいる。全日本空輸(ANA)は23年度入社の事務職や技術職の新卒採用を3年ぶりに再開する。格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は22年度入社のCAの新卒・既卒採用や、整備部門などの既卒採用を約2年ぶりに実施する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン