/

この記事は会員限定です

東芝、7月から新型コロナワクチンの職場接種 対象6万人

[有料会員限定]

東芝は7月から順次、新型コロナウイルスワクチンの職場での接種を始めることを決めた。本社や各地の工場など計約20カ所に接種場所を設け、9月までにグループ社員ら計約6万人が2回目の接種まで済ませられるようにする。新型コロナ感染拡大の抑止に取り組む。

接種場所は、東京・港と川崎市にある本社や、各地の支社、工場などに設置する。グループ会社の従業員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン