/

この記事は会員限定です

プラス系、アジアで学習用ノート販売 ベトナムに工場新設

[有料会員限定]

文具大手プラス(東京・港)傘下の日本ノート(東京・江東)はアジアで学習用ノートを販売する。2021年9月、ベトナムに海外工場を新設。年2700万冊分のノートを生産できるようにする。ベトナムや中国で事業所をもつプラスの流通網を使い、子どもの人口増が見込めるアジアでの事業展開を本格化させる。

ベトナム工場では当初、日本市場向けの製品を作るが、23年をめどにベトナムや中国での販売を始める計画だ。学習用ノ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン