/

パレスホテル、スイートルーム増設 建て替えから10年

パレスホテルは18日、旗艦の「パレスホテル東京」(東京・千代田)で来年2月にスイートルームを増設すると発表した。ホテル建て替えから10年を迎えるに合わせ、従来の12室から18室に増やす。仕事と休暇を掛け合わせたワーケーションなどの需要を取り込みたい考えだ。

一部客室を改装し、新たに「プレミアスイート」を6室設ける。客室の広さは約90平方メートルで、ベッドルームのほかにリビングなどを備え、宿泊料金は1泊28万円(消費税やサービス料を除く)から。パソコン作業などができるダイニングテーブルがあり、家族単位での利用やワーケーションとしての宿泊需要にも応える。吉原大介社長は「自宅にいるようなリラックスした体験を楽しんでもらいたい」と話す。

パレスホテル東京は22年5月に建て替えから10年を迎える。客室計290室のうち、これまでスイートルームは12室だった。新型コロナウイルス禍でも外資系ホテルを中心に、高級ホテルの新規開業は相次いでいる。スイートルームを増やして高級宿泊需要を取り込むことで、さらなるブランド力向上につなげる狙いがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン