/

この記事は会員限定です

特大半導体、逆転の発想で開発 米セレブラスCEO

テクノロジストの時代

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米セレブラス・システムズは人工知能(AI)向けコンピューターで出色のスタートアップだ。大きさが21.5センチメートル角と「世界最大」の半導体を開発して処理を高速化。大量の半導体を組み合わせるのが通常だが、共同創業者で最高経営責任者(CEO)のアンドリュー・フェルドマン氏は逆転の発想で開発した仕掛け人だ。

米スタンフォード大学大学院の学生時代、友人の通信機器スタートアップの事業計画作りを引き受けたの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン