/

三菱商事、脱炭素関連に2兆円投資を発表

三菱商事は18日、2030年度までに脱炭素関連で2兆円を投資すると発表した。再生可能エネルギー、水素・アンモニア、銅など金属資源、天然ガスを重点分野と位置づけ、重点的に投資する。50年までに温暖化ガス排出ゼロとする目標も設定した。脱炭素とエネルギーの安定供給の両立を目指す。

脱炭素に関する一連の取り組みをエネルギートランスフォーメーション(EX)と位置づけ、30年度までの行動目標を策定した。再エネは2兆円のうちの半分程度を投じる見通しで、主に風力発電を中心に世界で新規開発案件を増やす。水素・アンモニアなど次世代エネルギーでは、製造から輸送まで大規模な供給網の構築をすすめる。

金属資源は電気自動車(EV)に不可欠な銅事業を強化する。天然ガスは脱炭素社会への移行期間のエネルギーとして、二酸化炭素(CO2)を回収する技術と組み合わせながら投資を継続する方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン