/

この記事は会員限定です

21年の新車販売、日欧で鈍い回復 半導体不足響く

[有料会員限定]

世界市場の約7割を占める日本と米国、欧州、中国の2021年の新車販売台数が出そろった。世界的な半導体の供給不足で車の生産が停滞し、欧州では20年比で2%、日本でも3%とそれぞれ減少。一方、中国と米国は3~4%増加した。新型コロナウイルス禍のピークのずれに加え、半導体の優先供給などの措置で回復の度合いは地域によって差が出ている。

欧州自動車工業会が18日発表した、欧州主要18カ国の21年の新車(乗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン