/

この記事は会員限定です

下請けの金属製品から転換 ピクルスでブランド築く

事業承継・町工場技能どう生かす④ NSW社長 西出喜代彦氏

[有料会員限定]

曽祖父が1935年に創業し、エレベーターのつり下げなどに使うワイヤロープの製造業を営んできました。87年に父が継いで、安価な中韓製品と競っていましたが、取引先の調達方針の変更によって経営が悪化しました。今は「第二の創業」を通じて、大阪府泉佐野市の名産の地場野菜を使ったピクルスを開発し、生産、販売まで手がけています。下請けから脱却するため、新規事業でのSPA(製造小売り)に踏み切りました。

もとも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り935文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません