/

この記事は会員限定です

AI新興、M&Aで脱・受託 「継続収益型」へ基盤づくり

[有料会員限定]

人工知能(AI)システム開発の新興企業がM&A(合併・買収)で攻勢をかける。ニューラルポケットは2022年に最大4社を買収する検討に入った。AI新興は大企業からの受託開発や共同研究で稼ぐ事業モデルが多く、業績が外部要因で変動しやすかった。自社の強みを生かせる顧客基盤をM&Aで獲得し、継続的な収益を見込める事業モデルへの転換を急ぐ。

「非AIのアセット(資産)とその販売網、顧客網を

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1503文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン