/

この記事は会員限定です

ルネサス復旧、応援に1.4万人 県外は豊田市が最多600人

移動データ分析

[有料会員限定]

ルネサスエレクトロニクスが17日、火災で一部稼働を止めていた那珂工場(茨城県ひたちなか市)での半導体の生産を再開した。日本経済新聞が携帯の位置情報データを分析したところ、復旧に向けて取引先などから集まった応援人員は延べ1万4000人にのぼったことがわかった。延べ来訪人数の最も多かった県外自治体は599人の豊田市だった。

火災が起きたのは那珂工場のうち、主に車載用のマイコンを生産する「N3棟」だ。日本経済新聞はKDDIの通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1396文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン