/

この記事は会員限定です

東京機械、ファンドと対立深まる 買収防衛策巡り攻防

[有料会員限定]

新聞輪転機大手の東京機械製作所と投資ファンドとの間で、経営の支配権を巡る対立が深まっている。東京機械の発行済み株式の約4割まで買い増したファンドに対して東京機械は買収防衛策を導入する方針を固め、10月に予定する臨時株主総会での決議を目指す。防衛策に対する一般株主の動向が焦点となる。

投資ファンドのアジア開発キャピタルの子会社が7月に提出した大量保有報告書で、東京機械の大株主になったことが明らかになった。取得目的は当初...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン