/

京大とNTT西日本、データ活用プラットフォーム検証

日経クロステック

京都大学は17日、NTT西日本と共同で実証実験用の検証施設「Platform Initiative Lab(プラットフォーム・イニシアチブ・ラボ)」を整備し、6月をめどに利用開始すると発表した。同施設では、社会に存在する様々なデータを活用・連携することを目指し、施設内の検証環境を使用して次世代プラットフォームの実証実験を展開する。

同施設ではワイヤレスであらゆるモノがネットにつながる「IoT」センサー、地域限定の高速通信規格「ローカル5G」の無線局設備、クラウド上でサーバーなどのインフラを提供する「IaaS(イアース)」やデータ処理基盤など、データ収集・処理プラットフォームとして必要な設備をそろえる。

農業や医療、防災といった様々な現場でデータの収集や分析、処理駆動まで可能で、ビジネスの創出にもつなげられる「ワンストップな実証実験環境」として提供する計画だ。

施設は京大吉田キャンパスとNTT西日本の本社に置き、2拠点間をネットワークで接続する。京大は次世代プラットフォームの設計・構築を通じた研究開発の促進や人材育成などを担い、NTT西日本はIaaSやデータ処理基盤を中心とした開発用検証環境の提供などを受け持つ。今後参加機関や協賛を募り、新たなビジネス創出や次世代プラットフォームの新規創出に貢献する人材輩出を目指す。

(日経クロステック/日経コンピュータ 伊神賢人)

[日経クロステック 2022年2月17日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン