/

デジタルトランスフォーメーションとは ITで企業変革

きょうのことば

デジタルトランスフォーメーション デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、ビッグデータや人工知能(AI)などのIT(情報技術)を駆使して、ビジネスモデルやサービスを変える取り組みを指す。単なるITの活用による効率化にとどまらず、業務や組織の運営、企業文化を大きく改革することを目指す。

新型コロナウイルスの感染拡大で社会が大きく変わるなか、企業はDXを担う人材の採用を増やそうとしている。人材サービスのビズリーチの調査によると、同社の転職サイトが扱う求人のうち、2020年7~9月のDX関連の求人数は18年1~3月の約2.5倍になった。全体の求人数よりも伸び率が高かった。企業は優秀な人材を辞めさせないために、年功序列から職務内容を定義して成果で処遇する「ジョブ型雇用」への移行を進めている。

コロナ下で遠隔操作や非接触などの新たな技術を使ったサービスを生み出す機運も高まっている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の景気循環研究所の鹿野達史副所長は「企業の間でデジタル事業を内製化する動きがある。従来はIT関連を外注する場合が多かったが、変化の激しい社会のニーズに対応するには外注では間に合わなくなった」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン