/

富士通と理研、AI創薬共同研究 スパコン「富岳」活用

日経クロステック

富士通と理化学研究所は17日、富士通の人工知能(AI)技術と理研のAI創薬シミュレーション技術を組み合わせ、スーパーコンピューター「富岳」を活用した創薬技術の共同研究を開始すると発表した。

共同研究期間は2022年5月17日から25年3月31日まで。創薬プロセスにおける新領域の開拓のほか、創薬にかかる開発期間や費用の削減を見込む。共同研究において、富士通は同社のAI技術「DeepTwin(ディープツイン)」を活用し、たんぱく質データの特徴を教師データなしで獲得する技術の開発を担当する。

併せて、ディープツインとHPC(高性能コンピューティング)技術、富岳で分子の動きをうまくシミュレーションする仕組みを開発する。理研は、大規模な構造変化を少ない計算量で高精度に再現するシミュレーション技術の開発を担い、これらの結果を基にした実験をする。

共同研究を通じ、中・高分子薬の開発でターゲットとするたんぱく質と抗体などの複合体解析や、分子の構造変化を高速かつ高精度に予測できる技術の確立を26年度末までに目指すとしている。

(日経クロステック/日経コンピュータ 馬本寛子)

[日経クロステック 2022年5月17日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン