/

日本郵便、差入口大きいポスト設置 EC荷物増に対応

日本郵便は18日、差し入れ口の高さを従来の4センチメートルから7センチに広げた新型ポストの設置を始めた。新型コロナウイルス禍で厚みのある小型荷物が増えており、郵便局の窓口などでしか出せなかった荷物も投函できるようにする。10月中に全国15カ所に設け、需要をみながら設置場所を増やす。

同日に品川郵便局(東京・品川)前に新ポストを設置した。新ポストは2つある差入口の片方の高さを7センチに広げた。従来のポストは厚さ4センチの差入口を2つ備えていた。拡大した差入口をポリカーボネート製の樹脂板で覆い、勝手に取り出せないようにした。

新型コロナ禍で電子商取引(EC)の需要が高まり、インターネットオークションなどで厚さ5~7センチほどの荷物をやり取りする消費者が増えた。非対面での受け渡し需要も高まっているという。

まず首都圏や大阪府などECでやり取りする荷物が多い8都府県にある郵便局15カ所の前に設ける。日本郵便の郵便・物流事業企画部の斎藤貴部長は「EC市場の拡大で厚みのある荷物が増えた。新型ポストでお客の利便性を向上させ、荷物需要を取り込みたい」と話す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン