/

この記事は会員限定です

セブン&アイ、財務改善へ EBITDA負債倍率2.9倍に下げ

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスはM&A(合併・買収)で悪化した財務の改善に動く。2021年に買収した米コンビニ会社「スピードウェイ」で相乗効果を引き出すなどしてキャッシュフローを引き上げる。過去最大の約3兆円に膨らんだ有利子負債の削減に振り向ける。子会社のそごう・西武の売却が進めば、さらに財務が改善する可能性がある。

有利子負債をEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)の何年分

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン