/

この記事は会員限定です

Jフロント、「不動産会社」転身は道半ば 弱点補えず

古川慶一

[有料会員限定]

J・フロントリテイリングが「脱・百貨店」へビジネスモデルの変革を急いでいる。百貨店の売り場で賃貸部分を増やし、4月には2031年2月期までに不動産や金融などの営業利益の構成比を20年2月期の2割から4割に高める方針を示した。市場はかねて「不動産会社」への転身を好意的に受け止めてきたが、新型コロナウイルス禍であぶり出された百貨店の土台の弱さを補うには力不足で、株価は停滞している。

グループの商業施設「GINZA SIX」(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン