/

この記事は会員限定です

化粧品もジェンダーレス カネボウ、ヒゲにマスカラ

[有料会員限定]

化粧品業界でジェンダーレスの動きが広がっている。花王傘下のカネボウ化粧品は主力ブランドで性差を問わない商品展開を進める。オンライン会議の普及でカメラを通して映る自分の肌質を気にする男性が増加。スキンケアだけでなく、メークをする人が増え、男性化粧品市場が成長している。Z世代を中心に多様性を重視する消費者に対応する狙いもある。

カネボウは30~40代の女性が主な顧客層だった「KANEBO」のジェンダ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン