/

この記事は会員限定です

国内航空、資金繰り改善に遅れ 予約回復鈍く

[有料会員限定]

国内航空会社の資金繰りの改善が遅れている。2022年1~3月期の営業キャッシュフロー(CF)は欧米大手が軒並み黒字だったのに対し、ANAホールディングス(HD)と日本航空(JAL)は赤字だった。日本勢は航空券予約の回復が鈍く、現金収入が伸び悩んでいる。収入の低迷が続けば投資余力を欠き、脱炭素などの投資が停滞しかねない。

1~3月期は新型コロナウイルスのオミクロン型の感染や原油高の影響が広がり、世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン