/

この記事は会員限定です

電力卸価格、2月は最高値 前年比2.7倍 需要増と燃料高

[有料会員限定]

卸電力市場で取引価格が高止まりしている。2022年2月のスポット(随時契約)の平均価格は前年同月の2.7倍の高さで、2月単月としては過去最高値となった。例年よりも寒い日が多く、暖房需要の高まりで需給が引き締まった。火力発電所の燃料となる液化天然ガス(LNG)価格の高騰も響いた。ロシアのウクライナ侵攻で燃料価格は足元で急騰しており、市場から電力を仕入れる新電力の経営のさらなる圧迫要因となりそうだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン