/

この記事は会員限定です

国内VC、海外マネー調達拡大 新興支援の後押しに

[有料会員限定]

国内ベンチャーキャピタル(VC)が海外からの資金調達を増やしている。独立系のインキュベイトファンドの新ファンドは約5割を海外投資家が占め、コーラル・キャピタルは約3割に達した。日本のVCはこれまで国内の資金に頼り、海外からの調達比率は数%だった。新たに海外マネーを巻き込めるようになれば、新興企業への支援余力も高まる。

インキュベイトが8月に創設した161億円のファンドの海外投資家比率は46.6%と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン