/

この記事は会員限定です

東証プライム6%、業績予想「未定」 発表後株価急落も

[有料会員限定]

業績予想を開示しない企業がじわり増えている。2022年3月期の決算短信で今期の売上高や損益の予想をすべて「未定」とした東証プライム上場企業は全体の6%と、前期の期初時点から1ポイント弱増えた。原材料高や為替相場の動向など先行きが不透明だとして開示を見送る企業が多い。非開示にしたことで決算発表後に株価が大きく下落する企業も目立つ。

「原料価格が高値圏で乱高下を繰り返し、あらゆるコモディティ価格の高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン