/

この記事は会員限定です

NOR型メモリー価格1年で2倍 家電・ゲーム向け底堅く

[有料会員限定]

データの記憶装置に使う半導体「NOR型」フラッシュメモリーの値上がりが鮮明だ。遠隔操作など性能を高めた家電に使用が進むほか、パネル制御に使う有機ELを搭載したゲーム機が広がる。指標品の大口取引価格は1年で約2倍になった。旧世代品のため増産余地が乏しく、上昇が一服したDRAMなどに比べ先高観が強い。

代表品種のシリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)タイプの256メガ(メガは100万)ビッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り933文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン