/

この記事は会員限定です

ビール回帰も原料高重荷 大手4社、今期影響額800億円超

[有料会員限定]

国内ビール大手4社の2021年12月期の連結決算(国際会計基準)が18日、出そろった。景気回復が先行する海外がけん引し、3社が増収増益、黒字転換だった。22年12月期は国内回復を見込み、4社とも1割近い増収を見込む。各社は人気が戻る「ビール」に照準を合わせ、新型コロナウイルス禍で不振の国内酒類事業の立て直しを図るが、原材料高への対処が課題となる。

「国内ビール市場は大変厳しい環境にある。結果的に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン