/

この記事は会員限定です

後継者難、増加が予想される休廃業・解散

企業信用調査マンの目

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍のなか、企業の休廃業や解散の動向が注目されている。実質無利子・無担保融資をはじめ、政府の各種支援策により企業の破綻の件数は大きく減ってきていたが、休廃業・解散の減少幅は破綻よりも小さく、発生件数は破綻の約9倍に上る。背景には年々高まる経営者の高齢化がある。事業承継が喫緊の課題となるなか、休廃業・解散の件数が今後増加に転じる可能性がある。雇用の減少や取引先の消滅など、その影響は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

日経産業新聞をPC・スマホで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン