/

フライヤー、3億円調達 書籍要約サービスを1000社に

書籍の要約サービスを提供するフライヤー(東京・千代田)はこのほど、第三者割当増資で3億円を調達した。営業やマーケティング人材の採用などにあて、地方での拡販を進める。2023年までに1000社へのサービスの導入を目指す。

フライヤーは、ビジネス書などの書籍の要約が読めるサービスを個人と企業向けに提供する。財務や経営など各分野の専門知識を持ったライターが10分程度で読める分量に要約する。出版社や著者に許諾をとるが、収益の折半はしない。「過去に出版した書籍が重版につながるなど、出版社側にもメリットがある」(同社)とする。

企業向けには福利厚生や人材育成として売り込み、累計660社の導入実績がある。利用料は月額5万5000円からで、登録する利用者数に応じて変わる。第三者割当増資はXTech Ventures(クロステックベンチャーズ、東京・中央)やみずほキャピタルなどが引き受けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン