/

ホンダ、F1日本戦の冠スポンサーに

ホンダは、自動車レースのフォーミュラ・ワン(F1)の日本戦として10月に開催される「日本グランプリ」の冠スポンサーになったと発表した。同社は電気自動車(EV)などに経営資源を振り向けるため2021年にF1への参戦からは撤退したが、「大会を通してモータースポーツの振興に寄与したい」としてスポンサー活動は続ける。

日本戦は10月7~9日に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で催される。20年と21年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となった。ホンダが日本戦の冠スポンサーにつくのは3回目。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン