/

スバルとスズキ、一部工場停止 部品供給不足で

SUBARU(スバル)は17日、20~22日の3日間、完成車を生産する群馬製作所(群馬県太田市)の本工場と矢島工場の稼働を停止すると発表した。両工場は17日まで稼働を停止しており、停止期間を延長する。東南アジアにおける新型コロナウイルスの感染拡大で、部品の供給が不足している影響を受けている。スズキも17日、20日に浜松工場(浜松市)の稼働を停止すると発表した。

スバルは9月7~22日までの計12日間、稼働を止めることになる。稼働再開は23日を見込んでいる。エンジンやトランスミッションを生産する大泉工場(群馬県大泉町)も同様に稼働を停止している。スズキの浜松工場は、13日にも稼働を停止していた。同工場では大型バイク「ハヤブサ」など二輪車を生産している。同社も9月に浜松工場を含む国内4工場で稼働を一時停止する計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン