/

この記事は会員限定です

鋼材加工、「実習生頼み」浮き彫りに 物流施設に遅れも

[有料会員限定]

建物に使う鋼材を切断、溶接する加工現場が人手不足に陥っている。新型コロナウイルスの水際対策で担い手となる外国人技能実習生の受け入れが滞り、増加する物流施設向けの需要に応えきれていない。入国制限が11月に緩和されたのもつかの間、新たな変異型「オミクロン型」の登場で扉は再び閉じた。実習生の来日遅れは物流施設の供給遅れにつながる。人材難という鋼材加工の慢性的な課題が浮き彫りになっている。

「物流施設向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン