/

この記事は会員限定です

マーキュリア、半導体原料加工会社を買収

[有料会員限定]

投資会社のマーキュリアインベストメントが運営する投資ファンドはこのほど、半導体に使われる希少金属の精錬加工を手がける東京電解(東京・江東)を買収した。東京電解の売上高は100億円超で、買収額は非公表。半導体の需要が急増する中、今後は生産の効率化に取り組み、生産能力を5割増やす計画だ。

東京電解は1950年の設立で、従業員は50人弱だが高融点金属の精錬加工で優れた技術力を持つ。レアメタルの一種である「タンタル」や「ニオブ」原料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン