/

この記事は会員限定です

社内不正をAIで察知 「メールの常時監視」広がる

企業法務税務・弁護士調査

[有料会員限定]

企業が従業員のメールやパソコンの操作記録をAI(人工知能)などで分析し、不正を予防する動きが広がっている。デジタル・フォレンジックというデータ分析技術で、在宅勤務で上司の目が届きにくくなったことも普及を後押しした。一方で「行きすぎた監視」と批判される恐れもあり、運用ルールの丁寧な説明などが求められる。

膨大なファイルを瞬時に分析

デジタル・フォレンジックは、AIを使って膨大な電子データを瞬時に分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン