/

シュッピン、今期最終益94%増 カメラのネット販売好調

シュッピンは17日、2022年3月期の単独税引き利益が前期比94%増の20億円になる見通しと発表した。従来予想を7億円上方修正した。主力のカメラ事業で、新品と中古品のネット通販が想定を上回る。ロレックスなどの高級時計の販売も大きく伸びると見込む。

売上高は22%増の415億円と従来予想を27億円引き上げた。カメラ各社でフルサイズミラーレスカメラの新製品が発売されたことなどで電子商取引(EC)売上高が堅調に推移している。人工知能(AI)を使った販売価格の通知や、顧客に合った商品提案を進め販売が伸びた。21年12月時点のWEB会員は55万人と1年前から1割増えた。

営業利益は84%増の29億円と、9億円上方修正した。店舗とネット通販の担当者を店舗休業中などに臨機応変に活用し、人件費を中心とした販売管理費の抑制も寄与した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン