/

Gキッズ、今期下方修正 コロナで保育施設の入所率低下

グローバルキッズCOMPANYは17日、2021年9月期の連結純利益が前期比3%増の4億5000万円になりそうだと発表した。従来予想を2億3000万円下方修正した。新型コロナウイルスの影響で0~1歳児を中心に入園を先送りする動きが増えたことで入所率が当初想定を下回っていることに加え、特別損失も響く。

売上高は同6%増の234億円(従来予想は238億円)、営業利益は同19%増の5億7000万円(従来予想は7億円)に下方修正した。採用費や人件費などのコスト削減に取り組んだものの、売上高の減少を補えなかった。

第3四半期までに、保育施設などの減損損失や投資有価証券評価損など3億3200万円を特別損失として計上したことも響く。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません