/

この記事は会員限定です

中国産素材、電力制限で調達懸念 車・電機に影響も

[有料会員限定]

中国の電力制限を受け、同国の生産シェアの高い素材の調達に懸念が強まっている。世界の9割を占めるマグネシウムの生産量は平時の約5割に減ったもようで、添加剤として使うアルミニウム生産に支障を来す恐れが出てきた。中国産が多いレアアース(希土類)も減産懸念から高騰している。自動車や電機など幅広い製品の生産に悪影響を及ぼす可能性がある。

現地での電力制限は一時期よりは緩和されたが、なお様々な製品の生産への影...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン