/

この記事は会員限定です

捕鯨の中小事業者、共同操業へ 「商業」下の経営探る

[有料会員限定]

日本小型捕鯨協会(福岡市)は2022年の捕鯨シーズンに際し、協会に入る中小3事業者が共同操業することを明らかにした。19年7月に再開した商業捕鯨下では初めて。鮎川捕鯨(宮城県石巻市)、外房捕鯨(千葉県南房総市)、太地町漁業協同組合(和歌山県)の所有する4隻で、青森県八戸以北の海域でのミンククジラなどの捕獲や解体で連携する。

「赤字から脱却し自立をめざす」と協会の貝良文会長は狙いを話す。水産庁が定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン