/

大日本印刷、XRで地域観光を促進 第1弾は渋谷

大日本印刷(DNP)は仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などのXR技術を活用し、地域を周遊し観光してもらう「地域共創型観光サービス」を始めた。リアルの街とアニメや漫画などのコンテンツをXRで結びつけ、スマートフォンなどでイベントを楽しめるようにする。仮想空間を活用し、リアルな街を周遊する観光モデルを構築する。

第1弾として、スクウェア・エニックスのゲームとコラボして東京・渋谷の街を巡るイベント「FIELD WALK RPG」に参加している。11月23日まで、ゲーム「新すばらしきこのせかい」を題材に、渋谷の商業施設などに設置したQRコードをスマホで読み取って、ゲームの謎解きや宝探しなどを楽しめるようにした。

DNPは今回のイベントをモデルケースとし、XRを活用した周遊観光サービスを開発する。今回のように他社が主催するイベントでの活用や、DNPが中心になって自治体や商業施設などと連携したイベントを想定する。ゲームや漫画と実際の街をXR技術で結びつけ、訪れた街でオリジナルの体験ができるようにする。

DNPはリアルと仮想空間の双方を活用して新たなビジネスを創出する「XRコミュニケーション事業」を展開している。渋谷の商業施設をVRで再現してイベントを開催するなどしており、XRコミュニケーション事業全体で2025年度までに100億円の売り上げを目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン