/

この記事は会員限定です

東芝報告書、3度目の「喝」 再発防止へ問われる実行力

[有料会員限定]

東芝の2020年7月の定時株主総会を巡る問題で、同社の「ガバナンス強化委員会」が11月、再調査結果をまとめた。同問題の調査報告は3本目で、それぞれ内容が異なる。今回の報告は当時の執行役などの行動を「企業倫理に反する」と批判、再発防止策への提言も盛り込んだ。企業統治の専門家らは「報告書が意味を持つかは、東芝が今後どのような統治向上策を実行するかにかかっている」と指摘する。

「中立的」な報告書

報告書をま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1825文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン