/

三菱商事社長に中西常務執行役員 脱炭素シフト加速

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

三菱商事は17日、中西勝也常務執行役員(61)が2022年4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。垣内威彦社長(66)は代表権のある会長に就く。資源と非資源分野で収益基盤を固め、再生可能エネルギーへのシフトなど脱炭素に向けた新たな収益モデルの構築を進める。

中西氏は電力部門のトップで、電力インフラの輸出や発電所の運営事業に長年携わってきた。欧州での海底送電線の大型案件獲得で実績を積んだほか、オランダの電力会社エネコと洋上風力の共同開発を手掛けた。6月の株主総会後に代表取締役に就く。

三菱商事は20年に中部電力と共同でエネコを買収し、同社の知見を活用して欧州を中心に再エネ開発を加速させている。米アマゾン・ドット・コムなど大口顧客向けに再エネ電力の供給も決め、脱炭素関連で30年度までに2兆円を投資する方針だ。

垣内社長は資源エネルギーに偏らない事業構成の見直しを進め、自動車や小売り、食品など非資源分野の強化に取り組んだ。豊富な資金力を元に、三菱商事は今後、中西氏のもとで脱炭素に重点投資する。

中西 勝也氏(なかにし・かつや)1985年(昭60年)東大教養卒、三菱商事入社。16年執行役員、19年常務執行役員。大阪府出身。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン