/

この記事は会員限定です

Google、AI寡占化の懸念再び 40億枚もの画像学習

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米グーグルなどが開発する人工知能(AI)の巨大化が加速している。先行して巨大化したのは機械学習モデルの大きさ(パラメーター数)だが、モデルに学習させるデータの量も巨大化している。7月15日(米国時間)にグーグルが論文発表した機械学習モデルは、40億枚もの画像を学習させたことが話題となっている。

近年におけるAI巨大化競争の火付け役となったのは、米オープンAIが2020年6月に発表した巨大言語モデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2303文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません