/

デロイト系コンサル、イオンの秘密情報を漏洩

デロイトトーマツコンサルティングは、コンサルティング契約を結んでいたイオンの秘密情報が社内から漏洩していたと発表した。デジタルトランスフォーメーション(DX)戦略についての内部資料の一部をセブン&アイ・ホールディングスに無断で提供し、同社の会議資料として利用されていた。

デロイトトーマツコンサルティングは「守秘義務に対する基本的認識の欠如ならびに社内ルールを逸出した行為」だったとして、イオンとのコンサルティング契約での秘密保持条項に違反したと謝罪した。イオンの秘密情報について「本件以外の情報が漏洩した事実はない」と説明している。

イオンは「関係先と守秘義務の徹底を再度確認したい」としている。デロイトトーマツグループの監査法人、トーマツとの監査契約は問題ないと判断して継続する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン