/

この記事は会員限定です

個人情報保護、対応は国際視点で 岡田淳氏

森・浜田松本法律事務所弁護士 

[有料会員限定]

2020年に成立した改正個人情報保護法の全面施行まで1年を切り、企業の対応が本格化する。データの越境移転、ウェブの閲覧履歴である「クッキー」の規制強化など改正内容は多岐にわたる。企業は「プライバシーガバナンス」を考える契機にしてほしい。

法改正後も引き続き、解釈上の検討を要する点は少なくない。例えば、どこまでが個人情報に当たるかの判断や、個人と結びつかないようにデータを加工して活用する「匿名加工情...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン