/

この記事は会員限定です

ウエルシア、一時3年ぶり安値 調剤報酬減額を懸念

銘柄診断

[有料会員限定]

17日の東京株式市場でウエルシアホールディングス株が4日続落し、一時前日比46円(2%)安の2296円と約3年ぶりの安値を付けた。今春改定された調剤薬局の報酬減額による業績悪化が懸念された。新型コロナウイルス下の巣ごもり需要で好調だった食品などの反動減も投資家心理の悪化につながった。

終値は4円(0.2%)安の2338円。2021年11月から株価は軟調で、21年末比の下落率は3割を超える。

引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン