/

この記事は会員限定です

リコー、経営企画部長に40代 年功重視見直し会社変革

[有料会員限定]

リコーは経営企画部のトップに40歳代を抜てきする。同部でM&A(合併・買収)を担う重要ポストにも30歳代の若手を配置し、複合機などの事務機メーカーからデジタルサービス会社への転換を目指す。これまでの経営企画部長は60歳代で、年功を重視する慣例を見直す。売上高1兆7千億円規模のリコーの事業構造転換を若い力に委ねる。

4月1日付で経営企画部部長に上杉恵一郎氏(46)が就く。同ポストは現在、松

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン