/

ワクチンパスポート「早期導入を」 日本観光振興協会

記者会見に臨む日本観光振興協会の山西健一郎会長㊥ら(17日、東京都港区)

日本観光振興協会(東京・港)の山西健一郎会長(三菱電機特別顧問)は17日、東京都内で記者会見を開き、新型コロナウイルスのワクチン接種歴を証明する「ワクチンパスポート」制度を早期に導入すべきだと述べた。21日から職場でのワクチン接種が本格的にスタートするなか、パスポートによる往来再開で、需要低迷が続く観光業の早期回復につなげたいとしている。

同協会は17日、「ワクチン接種に関する観光産業からの緊急アピール」を発表し、一人でも多くの人にワクチン接種を広げるため観光業界として職場接種などに協力する方針を示した。接種の進展に合わせて、国際基準に沿った形でワクチンパスポートを導入し、海外との往来再開を早期に実現すべきだと強調した。

記者会見に出席した高橋広行副会長(JTB会長)は国際交流のため「日本入国時の14日間の隔離の緩和についても、ワクチンパスポート導入とセットで考える必要がある」と主張した。ワクチン接種が進んだ際には、日本人の海外旅行再開や、訪日外国人(インバウンド)需要回復に向けた制限緩和について検討を進めるべきだと述べた。

「緊急アピール」では、国内の観光需要回復に向けても、ワクチン接種証明を活用すべきだと盛り込んだ。接種を完了した人やPCR検査で陰性証明ができた人を対象としたツアーなどを検討するとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン