/

ステランティス、プジョー最大22.7万円値上げ 円安響く

欧州ステランティスの日本法人ステランティスジャパン(東京・港)は17日、「プジョー」ブランドの8モデルを7月1日から最大22万7000円値上げすると発表した。最大の値上げ幅は旗艦車種のセダン「508」のSW GT HYBRIDというグレードで、667万8000円から690万5000円へ引き上げた。

値上げ率は3~3.4%。為替相場の円安の影響に加え、原材料価格の上昇や原油高による輸送費上昇に伴うコストの増加を理由に挙げている。プジョーの価格見直しは今年3度目。一部モデルで1月と4月に見直していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

値上げラッシュ

原材料価格や物流費の高騰を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がっています。最新の記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン