/

この記事は会員限定です

退職でもめる社費留学費用 返還義務の分かれ目は

[有料会員限定]

社費留学をした従業員が退職し、費用の負担を巡ってトラブルになる例が注目されている。4月、大成建設の元社員の留学費用を巡る裁判で東京地裁が元社員に費用の支払いを命じた。ただ過去の裁判例では、必ずしも社員側に支払い義務が認められたわけではない。業務と関連性が高い留学では、逆に会社側からの費用請求が無効と判断されることもある。

企業側から労務相談を多く受ける大槻健介弁護士は「留学後すぐに退職しても、企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン