/

この記事は会員限定です

川崎重工、Microsoftと産業メタバース 工場の不調予測

[有料会員限定]

川崎重工業は米マイクロソフト(MS)と組み、2~3年内に産業用メタバース(仮想空間)事業に参入する。インターネット上の仮想空間に工場などを再現することで、ロボットの不具合の予兆を捉えたり、現場では困難な実証実験を遠隔で実施できる。工場の一部を再現する技術はあるが、施設全体を再現し参加者がリモートワークで交流できるようにする。医療や物流など幅広い業界を開拓する。

MSのクラウドサービス「アジュール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1345文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません