/

この記事は会員限定です

惑星の誕生に立ち会う 原始の太陽系にそっくり

[有料会員限定]

宇宙のかなり近所に、誕生したばかりの太陽によく似た星が存在する。その星を取り巻くガスとちりからなる円盤を世界最大級の電波望遠鏡「アルマ」で観測したところ、その中で惑星が生まれていることが分かってきた。天文学者は、この原始太陽のそっくりさんをつぶさに調べ、私たちの太陽系がどのようにして誕生したのか迫ろうとしている。

この星は「うみへび座TW星」。質量とサイズは太陽とほぼ同じで、年齢は約1000万歳。...

この記事は有料会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン