/

ディズニー運営のオリエンタルランド、職域接種7月から

東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは17日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を7月5日以降、順次始めると発表した。対象はグループ会社の社員など約2万人。接種では、来園者と直接関わる機会の多いパーク運営に従事する社員や「キャスト」と呼ばれる準社員を優先する。

7月5日以降、ワクチンや必要な機材がそろい次第、接種を始める。打ち手は産業医や外部の医療機関から確保し、本社(千葉県浦安市)のオフィスで接種する。ワクチン接種を進めて、パークの安全運営を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン